占星術の歴史!占いはいつから始まったのか!?

占星術の歴史ですが、占いはいつから始まったのでしょうか。今の時代は占いと言っても沢山の方法がありますよね。
占星術はすごく長い歴史があると言われています。その起源は、紀元前の遥か昔だと言われていて、歴史を詳細に跡つけることは不可能と言われています。
占星術のもとになった、プロと占星術はチグリス川とユーフラテス川の間のメソポタミア南部にその起源があると考えられているようです。その始まりの時期ははっきりしていませんが、紀元前2000年より前には、既に星を神々の意思を知るためのオーメンとしてみなし、ごく初歩的な形の占いが行われていたそうです。
占星術、占星学は、太陽系内の太陽、月、惑星、小惑星などの天体の位置や動きなどと人間や社会のあり方を経験的に結びつけて占う技術となっています。
太陽は常に決まった通りの道を経て、一年で天球を一巡りします。この太陽の通りの道が黄道です。惑星もまた黄道にそって動くように見えます。昔の人たちにとって、地上に恵みをもたらしてくれる太陽は神様そのものだったのです。
また、姿をかえながら日々移動していく月と他の星とは異なる動きをする惑星も、神の意思を伝える存在であると考えて、その意思を読み取ろうとしたそうです。これが、星占いのはじまりとなったそうです。
占星術は、ギリシア、インド、アラブ、ヨーロッパで発展した西洋占星術、インド占星術、中国など東アジアで発展した東洋占星術に大別することが出来ます。
占星術が本当の意味で新しい活力を取り戻すのは、19世紀末になり近代オカルティズムの潮流のなかを泳ぎはじめてからの事なのです。そして、20世紀における人々の占星術への関心は途切れることなく続き、今に至っていると言われています。
実際に、占いって良い時と悪い時は変わっていて、本当にその年のことを知ることが出来ます。占いの本もたくさんあり、12星座で占うことが先を見つめなおすことが出来る道になっている人も多いと思います。
実際に、占星術の歴史は、誰も知らない時から行われていて、自然に引き継がれてきているということですごいなと感じました。実際に、何が根拠で、いつから始まったの。などという疑問を抱えることもありますが、歴史は遥か昔ということで、詳しいことは解っていない状態となっていますが、今も続いているということが凄いですよね。