占い師になるためには!?占い師という職業

占い師になるためにはどうしたらよいのかとか、占い師という職業はどんな仕事なのかと気になっている人も多いと思います。
占い師になるには、占い師に弟子入りして、デビューまで指導してももらう方法や占い学校や占い教室に入学して、デビューまで指導してもらう方法、独学で学んでデビュー先も自分で探す方法などがあります。
占い師というと時代劇のような徒弟制度を連想する人も多いと思いますが、最近では、様々な学び方があり、独学で占いの勉強を行ってデビューする人が増えています。
学校の勉強とは違って点数が出ないし、一通りの占いをこなすことが出来れば道を前に進んでいくことが出来ます。占い師になることは自体は簡単ですが、適当にやっているとそのうちお客さんが減ってしまい行き詰まってしまう可能性もあります。
気になる占い師の仕事ですが、相談者が抱えている様々な悩みを、占いの技と人生の経験上のアドバイスを行って解決していく仕事となっています。占いの技法は、占い師により違っていきますが、専門分野に絞って占っている人もいますし、複数の技法を使い分けて占う人もいます。
占いの環境としては、対面、電話、ネット、メールなどがあり、全体的には恋愛相談が多いと言われていますが、対面占いの場合には、金銭問題や仕事上の相談、土地の購入、家族の病気など様々な内容が多いと言われています。
占い師になるのに特別な資格は必要ないと言われていますが、占いの技術は最低限必要となってきます。独学でも可能となっていますが、占術を体系的に学ぶことが出来る学校やプロの占い師に弟子入りする人が多いようです。
ある程度の技術が身に就くことにより、自ら周りの人を占って業務範囲そ広げていくことが出来ます。占いの会社の面談を受けて占い師として採用してもらうことも可能となっています。
人と直接会話やメールをする仕事となっているので、コミュニケーション能力や話術も重要となってきます。
気になる占い師の給料ですが、働き方や個々の占いしの技量により異なってきます。基本的には、出来高制となるので、お客様の相談が多ければ収入も多くなりますし、少ない場合には、少なくなってしまいます。
会社に所属している場合には、料金の4割~3割程度が手元に入ってくると言われています。中には、人気となり予約が殺到している占い師もいますので、そんな方は、給料もよいと言えます。
占い師として生計を立てるのは簡単な事ではありません。会社に所属するにしても、個人で開業する人にしても、お客様により、収入が決まってきますので、経験が浅いうちは不安定な生活となってしまいます。
占い師に興味を持っている人も多いと思いますが、営業を行ったり、自分なりの工夫も必要で、成功するチャンスが決まってきます。会社で務める場合には、コツコツと実績を積み重ねることより、信頼を得ることが出来ると思います。
実際に、資格が必要と思っていましたが、資格がなくてもできる職業となっていますが、何よりも自分なりの努力が必要になってくる職業と言えます。