占い師になるためには!?占い師という職業

占い師になるためにはどうしたらよいのかとか、占い師という職業はどんな仕事なのかと気になっている人も多いと思います。
占い師になるには、占い師に弟子入りして、デビューまで指導してももらう方法や占い学校や占い教室に入学して、デビューまで指導してもらう方法、独学で学んでデビュー先も自分で探す方法などがあります。
占い師というと時代劇のような徒弟制度を連想する人も多いと思いますが、最近では、様々な学び方があり、独学で占いの勉強を行ってデビューする人が増えています。
学校の勉強とは違って点数が出ないし、一通りの占いをこなすことが出来れば道を前に進んでいくことが出来ます。占い師になることは自体は簡単ですが、適当にやっているとそのうちお客さんが減ってしまい行き詰まってしまう可能性もあります。
気になる占い師の仕事ですが、相談者が抱えている様々な悩みを、占いの技と人生の経験上のアドバイスを行って解決していく仕事となっています。占いの技法は、占い師により違っていきますが、専門分野に絞って占っている人もいますし、複数の技法を使い分けて占う人もいます。
占いの環境としては、対面、電話、ネット、メールなどがあり、全体的には恋愛相談が多いと言われていますが、対面占いの場合には、金銭問題や仕事上の相談、土地の購入、家族の病気など様々な内容が多いと言われています。
占い師になるのに特別な資格は必要ないと言われていますが、占いの技術は最低限必要となってきます。独学でも可能となっていますが、占術を体系的に学ぶことが出来る学校やプロの占い師に弟子入りする人が多いようです。
ある程度の技術が身に就くことにより、自ら周りの人を占って業務範囲そ広げていくことが出来ます。占いの会社の面談を受けて占い師として採用してもらうことも可能となっています。
人と直接会話やメールをする仕事となっているので、コミュニケーション能力や話術も重要となってきます。
気になる占い師の給料ですが、働き方や個々の占いしの技量により異なってきます。基本的には、出来高制となるので、お客様の相談が多ければ収入も多くなりますし、少ない場合には、少なくなってしまいます。
会社に所属している場合には、料金の4割~3割程度が手元に入ってくると言われています。中には、人気となり予約が殺到している占い師もいますので、そんな方は、給料もよいと言えます。
占い師として生計を立てるのは簡単な事ではありません。会社に所属するにしても、個人で開業する人にしても、お客様により、収入が決まってきますので、経験が浅いうちは不安定な生活となってしまいます。
占い師に興味を持っている人も多いと思いますが、営業を行ったり、自分なりの工夫も必要で、成功するチャンスが決まってきます。会社で務める場合には、コツコツと実績を積み重ねることより、信頼を得ることが出来ると思います。
実際に、資格が必要と思っていましたが、資格がなくてもできる職業となっていますが、何よりも自分なりの努力が必要になってくる職業と言えます。

四柱推命とは!?占い初心者に分かりやすく解説します!

四柱推命って知っていますか。今回は、四柱推命について詳しく紹介したいと思っているので、参考にしてみてくださいね。
四柱推命とは、太古の中国で生まれた、過去、現在、未来を予見する運命の学びの一つとなっていて、陰陽五行説を基に、人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質を理解して、その人の努力や経験で変わる後天的な運命を予測する事が出来る占いの事です。
東洋占星術の中でも最も信頼度が高く、占いの帝王とも呼ばれています。東洋占星術においても西洋占星術においても占星術は、そのような星が支配しているのかで、その人の宿命や運命、運気の流れを推測する事が出来ます。
星という文字は生まれた日と書きます。宿命は生まれた日ですべて決まるのです。
四柱推命は、生まれた日を四つの柱であり、年柱、月柱、日柱、時柱に見立てて、様々なことを占う運命学です。
自分の生まれた時間を正確にしっているという人は少ないと思いますが、生まれた時間の時柱まで出さなくても、占いとして成立することから生まれた年、月、日がわかれば宿命や運命を推測することが出来ます。
実際に鑑定内容が詳しく紹介されている場所もあり、実際に自分が生まれ年と月と日にちと時間で占うことが出来るようになっています。
誕生日は同じという人は多いと思いますが、時間はそれぞれ違いますよね。自分の生まれた日のすべての情報で自分の運命がわかるって、知りたいって感じる期待感もありますが、逆に不安感もありますよね。
特に占いを信じてしまう傾向にある人は、気になっても今のままの自分で前に進めばいいと思います。
気になっている人は、自分の運命や宿命を参考として調べてみるのもよいと思います。難しい文字ばかりで、どうやって行ったらよいかわからない人も多いと思いますが、実際に、サイトなどを活用することにより詳しく記載されています。占いに
興味を持っている人も多いと思いますが、自分の本当の姿を知ることもできて、運も知ることが出来ます。また恋愛などについて気になっている人も多いと思いますが、たくさんの結果を知ることが出来て、不安などもあると思いますが、悪い時期なども知ることが出来るので、先を見つめなおしたいと思っている人にはおすすめできます。
また、実際に、悪いことが続いていると落ち込んでしまいがちになってしまいますが、前向きになれるチャンスとなっているという人も多いので、是非自分なりに、自分の運命と向き合っていきましょう。

占星術の歴史!占いはいつから始まったのか!?

占星術の歴史ですが、占いはいつから始まったのでしょうか。今の時代は占いと言っても沢山の方法がありますよね。
占星術はすごく長い歴史があると言われています。その起源は、紀元前の遥か昔だと言われていて、歴史を詳細に跡つけることは不可能と言われています。
占星術のもとになった、プロと占星術はチグリス川とユーフラテス川の間のメソポタミア南部にその起源があると考えられているようです。その始まりの時期ははっきりしていませんが、紀元前2000年より前には、既に星を神々の意思を知るためのオーメンとしてみなし、ごく初歩的な形の占いが行われていたそうです。
占星術、占星学は、太陽系内の太陽、月、惑星、小惑星などの天体の位置や動きなどと人間や社会のあり方を経験的に結びつけて占う技術となっています。
太陽は常に決まった通りの道を経て、一年で天球を一巡りします。この太陽の通りの道が黄道です。惑星もまた黄道にそって動くように見えます。昔の人たちにとって、地上に恵みをもたらしてくれる太陽は神様そのものだったのです。
また、姿をかえながら日々移動していく月と他の星とは異なる動きをする惑星も、神の意思を伝える存在であると考えて、その意思を読み取ろうとしたそうです。これが、星占いのはじまりとなったそうです。
占星術は、ギリシア、インド、アラブ、ヨーロッパで発展した西洋占星術、インド占星術、中国など東アジアで発展した東洋占星術に大別することが出来ます。
占星術が本当の意味で新しい活力を取り戻すのは、19世紀末になり近代オカルティズムの潮流のなかを泳ぎはじめてからの事なのです。そして、20世紀における人々の占星術への関心は途切れることなく続き、今に至っていると言われています。
実際に、占いって良い時と悪い時は変わっていて、本当にその年のことを知ることが出来ます。占いの本もたくさんあり、12星座で占うことが先を見つめなおすことが出来る道になっている人も多いと思います。
実際に、占星術の歴史は、誰も知らない時から行われていて、自然に引き継がれてきているということですごいなと感じました。実際に、何が根拠で、いつから始まったの。などという疑問を抱えることもありますが、歴史は遥か昔ということで、詳しいことは解っていない状態となっていますが、今も続いているということが凄いですよね。

霊感は鍛えられる!?誰でもできる霊感を強くする方法

霊感は鍛えられると言われていますが、本当に誰でも霊感を強くすることができるのでしょうか。今回は霊感を強くする方法を調べてみたので参考にしてみてください。
ネットで検索することにより、霊感を強くする方法が出てきますが、霊能者が書かれていないので、正直危険と感じます。
霊感を強くする方法
・霊感を信じる事です。世の中には科学的に証明できること、それに位置付けることが出来るののばかりですが、霊感という世界もあります。地球ができたことが神様たちが創造したといっても、科学的にも証明出来てしまうこともあります。
霊感を強くするには、そういう科学的にも証明できる世界を霊感で解決する事で、見ることが出来ると信じることが大切なのです。
・有名なパワーススポットに行くことです。たくさんのパワースポットに足を運ぶことにより、霊感を強くする方法で最も簡単と言われています。有名でない場所でも地元の神社やお寺などでも良いと言われています。
霊能者はこぞって毎週のように決まって神社やお寺に行きます。お勧めは、大木はそびえたっているパワースポットです。大木は体に入っている霊や悪いものを木が吸い取ってくれると言われています。
パワースポットに行くと新鮮な気持ちになれたり、いい気分になることが出来て、霊感を強くすることが出来るのです。
・宇宙を感じる事です。これは様々なオーラリーディングやミロスといった形であらゆる団体が宇宙を堤唱しています。霊感を強くする方法ではないようですが、宇宙を感じて行動することにより、生活面や健康面がプラスに転じると言われています。
宇宙を感じるというのは、例を挙げると、人間は細胞の集まりですが、酵素や水素などのあらゆる物質の集合体です。これを顕微鏡などで拡大することにより、細かい目視できない世界もあります。
これをどんどん拡大することにより、人間の体が銀河系のような宇宙にたどり着きくのです。信じる者は救われるとよく耳にしますが、何よりも信じるということが大切になってきます。
霊感を強くする方法が沢山ありますが何よりも、自分に無理なくできる方法で、目指してみるようにしましょう。実際に、生まれて時から霊感があるという人もいますし、でもそんな方は、良いことばかりが起こっているわけではないということもしっかり理解しておく必要があります。